脱毛 全身脱毛 

全身脱毛をして綺麗になろうよ!

もみあげや頬のムダ毛に悩んではいませんか?

 

もみあげという言葉で、男性の太く、くっきりとしたものを思い浮かべる方も多いかと思いますが、女性にはやはりもみあげは存在します。
そしてそのもみあげのムダ毛に悩まされている女性も中々に多いものです。

 

男性の場合、耳の付け根から口際に至る、太くてくっきりしたもみあげに憧れている方も多いようです。
もみあげがあまりはっきりしていない男性にとっては時に、はっきりとしたもみあげは男性らしさの象徴とも取られ、生やしたいとすら思う方もいらっしゃるようです。
ですが同時に、目立つもみあげが非常に気になって嫌だという男性も居るのが事実です。

 

女性の場合は髪が長く、それを下ろしている時は目立たつに問題がないのですが、もみあげが見えてしまうので、髪をアップにしたい夏場でもいやいや下ろしたまま、ということもあるようです。
基本的にもみあげ部分のムダ毛は女性にはコンプレックスのようです。
またもみあげはあごやヒゲ部分に比べて手入れが大変です。
顔の横にあり、また、毛も密集しているので、自分で処理する場合もあごやヒゲと比べても大変です。

 

もみあげのムダ毛は、顔の輪郭である頬も含むため、色が薄くても、ここに産毛が多いと光の加減で非常に目立って見えます。
いわゆる黄金の草原ですね・・・
また、黒味が強い場合は顔のラインがくっきりと目立ってしまうことになります。

 

悩みの種類はともかく、この顔という人からよく見られる部分にコンプレックスがあるのとないのとでは大違いです。
全身脱毛サロンでプロの手によって正しい処置をされればそのコンプレックスからも解放されるのです。
コンプレックスが顔になくなれば人に会うのも楽しくなるでしょう。

 

自分のもみあげ部分が好きになれない、コンプレックスを持っている方は是非脱毛を試してみてはいかがでしょうか。
正しい処置で、毛穴が広がったりせず、綺麗な肌でムダ毛だけを除去出来たら素晴らしいと思いませんか?
脱毛サロンではこの部位の脱毛は一般的なので、安心して施術を受けられます

 

全身脱毛の特別サイトは全身脱毛クチコミ評価です!!

極めつけは睡眠です。睡眠時間はもちろんですが毎日のサイクルが一定であればあるほど良いです。
特に22時から深夜2時までは皆さん知っての通り「シンデレラタイム」と呼ばれ、この間に睡眠をとっている
とお肌に潤いが戻ってくることが実感できると思います。
睡眠時間は人それぞれですが、6時間はしっかりと取りましょう。

 

誰しもが知っているような行動ばかりを書いてしまいましたが、意外にこれらをすべて守れている人は
少ないです。私の友達でも子育てのストレスから食事のバランスが悪い人もいましたので、その友達には
ストレスを感じたら運動することを薦めました。
生活習慣病とは怖いもので食事でストレスを発散することに慣れてしまうと、クセになってしまって
食事を取らないとストレスが発散できない体質になってしまうものです。

 

結局のところ人間に一番体に良くない行為はストレスです。みなさんは日々の慢性的なストレスの耐久性をみにつけているのですが

 

ストレスによる体の耐久性は鍛えられるものでは決してありません。

 

特に男性の方は弱いようで、女性は若干耐久性は強いようですがどんぐりの背くらべなようなものです。

 

たまには脱毛サロンガイドブックで脱毛サロンを見つけて

 

心身をリフレッシュしてストレスを解放してあげましょう。

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/09/05 21:43:05

30歳を過ぎたとたんに体力の衰えを感じますT^T泣
そこで私が取り入れたのが“ウォーキング”です☆
ウォーキング=歩く。ただそれだけ。実は侮れないんですよーー!

 

私は若い時分からそこそこスポーツマンで動くことには多少自身もあったんです。だから運動と言えば、バスケットボールのような動きっぱなしの激しいスポーツやランニング...ハァハァ息を荒げてダクダク汗を流すような運動が好みだったのですが、それも日常的に行って身体を作り上げてきたようなアスリートなわけではないので、30歳を過ぎた今ではなかなか思うように体力が続いてくれないようになってしまいました(涙)それどころか脂肪の蓄積も気になりだしたり(T_T)歳をとると脂肪がつきやすくなるって本当だったんですね。動かずして美味しいものを食して至福の時のみを過ごしてきたお年寄りの言い訳なのではないかと思っていました(笑)多くのアラサーが頷いてくれているとは思いますがwそれもまぁ当然のことなんですよね。人間の身体は退化します。体力は衰え新陳代謝は悪くなり若い頃と同じようにはいきません(哀)20代の頃と変わらない生活スタイルがそこそこ節操のある一般的に良い生活習慣だと言われるような暮らしをしていたとしても人間の身体はその20代の頃と同じようにそれは続かないのです。そこでどうにか体力を取り戻し若返り大作戦へと導こうかと様々なチャレンジを繰り返した結果、私に1番バシッときたのがウォーキングでした。現在は1日40分は継続して歩くようにしています☆

 

ウォーキングにも正しい方法があって、ただダラダラと歩くのではなく姿勢を正して踏み込んだ足で地面を蹴り上げ次の足は踵から着地します。これをなるべく早歩きで“歩く”ことに一生懸命に繰り返し繰り返し歩くんです。そうするとただダラダラと歩くだけの時とは違い心拍数も上がりますしジンワリと汗もかきます。
ウォーキングは地味な運動のように思いますが身体に嬉しいメリットがいっぱいなんです。
普段あたりまえのように行っている“歩く”という動作は実は脚の大きな筋肉を同時にたくさん使っていて、重力に耐えながら転ばないようにバランスをとって左右の足で交互に踏み込んでいるのですから当然といえば当然ですよね。そして歩くのに必要なのは脚の筋肉だけではありません。脚のみを動かして歩くことなど不可能ですよね。バランスをとるために、踏み込むために、支えるために、腰の筋肉,お腹の筋肉,腕の筋肉だって使われているんです。実は歩くということは全身の筋肉や神経をフル稼働させている結構大ががりな運動なんです。
そして何と言っても嬉しいのが“脂肪燃焼効果”のある有酸素運動だということ。酸素を取り入れずに瞬発的な力を使うような筋トレではなく、ゆるやかに筋肉を使いながら酸素を取り入れることによって脂肪が燃焼されます。運動をはじめてから20分後からが1番その効果が有効に現れる時だそうで、私の40分はそのためです。私にとっては40分が無理なく続けられる時間なことを認識したので40分ですが、この時間には個人差があると思いますので各々のベスト時間を探してくれたら良いと思います☆

 

特別ダイエット目的ではなくても代謝の下がったアラサーな今(笑)運動してエネルギー消費、筋力を使って筋トレ、有酸素運動で余分な脂肪を燃焼。。過酷なダイエットなんかよりもずっとずっとカラダが喜んでくれると思いませんか?^_^?

続きを読む≫ 2014/03/29 16:45:29

脱毛サロンや医療機関で脱毛施術を受ける人気ランキングは、女性1位がワキ、男性1位はヒゲ、という統計が取れています。
やはり頻繁に自己処理を行う箇所ほどランキング上位に上がって来るようですね。

 

夏場の脇は特に気の抜けない部分。ノースリーブや半袖になる機会も多く、チラッと見えた脇から毛どころか黒い点々の脇毛が見えただけでもドキッとしてしまいますよね。
男性の髭に関しては恥ずかしい部分ではありませんが、中には剃り跡の青髭を恥ずかしく思い悩んでいる方もいらっしゃいます。
また職場の規定で毎朝ヒゲを剃らなければいけない事がとても面倒、お肌が弱くて剃刀負けしてしまう、朝剃ったのに夕方にはまた生えてきてしまう、など女性に限らず男性にとっても脱毛を希望される方は少なくありません。

 

 

自己処理から引き起こる肌トラブル
【お肌の黒ずみ】
カミソリでの処理は、お肌の角質も一緒に削ぎ落としてしまうため、お肌は乾燥し過敏に刺激され
てしまいます。これを度々繰り返すごとに色素沈着を引き起こし、お肌はくすんで黒ずんでいってしまいます。

 

【皮膚の炎症】
毛抜きでの処理は、毛を引っ張るのと同時に皮膚も引っ張られています。毛穴を無理矢理に広げることで雑菌による感染が起こりやすくなり炎症を引き起こしてしまいます。痛みや痒みを共い病院での治療が必要になってくる場合もあるほどです。またカミソリでの処理は2,3日おきなど頻繁に行わなければならないので、その分お肌へのダメージも大きく過敏症を引き起こしたお肌は炎症も起こりやすくなるということです。

続きを読む≫ 2014/02/05 19:12:05