脱毛 全身脱毛 

無理なく有酸素運動

30歳を過ぎたとたんに体力の衰えを感じますT^T泣
そこで私が取り入れたのが“ウォーキング”です☆
ウォーキング=歩く。ただそれだけ。実は侮れないんですよーー!

 

私は若い時分からそこそこスポーツマンで動くことには多少自身もあったんです。だから運動と言えば、バスケットボールのような動きっぱなしの激しいスポーツやランニング...ハァハァ息を荒げてダクダク汗を流すような運動が好みだったのですが、それも日常的に行って身体を作り上げてきたようなアスリートなわけではないので、30歳を過ぎた今ではなかなか思うように体力が続いてくれないようになってしまいました(涙)それどころか脂肪の蓄積も気になりだしたり(T_T)歳をとると脂肪がつきやすくなるって本当だったんですね。動かずして美味しいものを食して至福の時のみを過ごしてきたお年寄りの言い訳なのではないかと思っていました(笑)多くのアラサーが頷いてくれているとは思いますがwそれもまぁ当然のことなんですよね。人間の身体は退化します。体力は衰え新陳代謝は悪くなり若い頃と同じようにはいきません(哀)20代の頃と変わらない生活スタイルがそこそこ節操のある一般的に良い生活習慣だと言われるような暮らしをしていたとしても人間の身体はその20代の頃と同じようにそれは続かないのです。そこでどうにか体力を取り戻し若返り大作戦へと導こうかと様々なチャレンジを繰り返した結果、私に1番バシッときたのがウォーキングでした。現在は1日40分は継続して歩くようにしています☆

 

ウォーキングにも正しい方法があって、ただダラダラと歩くのではなく姿勢を正して踏み込んだ足で地面を蹴り上げ次の足は踵から着地します。これをなるべく早歩きで“歩く”ことに一生懸命に繰り返し繰り返し歩くんです。そうするとただダラダラと歩くだけの時とは違い心拍数も上がりますしジンワリと汗もかきます。
ウォーキングは地味な運動のように思いますが身体に嬉しいメリットがいっぱいなんです。
普段あたりまえのように行っている“歩く”という動作は実は脚の大きな筋肉を同時にたくさん使っていて、重力に耐えながら転ばないようにバランスをとって左右の足で交互に踏み込んでいるのですから当然といえば当然ですよね。そして歩くのに必要なのは脚の筋肉だけではありません。脚のみを動かして歩くことなど不可能ですよね。バランスをとるために、踏み込むために、支えるために、腰の筋肉,お腹の筋肉,腕の筋肉だって使われているんです。実は歩くということは全身の筋肉や神経をフル稼働させている結構大ががりな運動なんです。
そして何と言っても嬉しいのが“脂肪燃焼効果”のある有酸素運動だということ。酸素を取り入れずに瞬発的な力を使うような筋トレではなく、ゆるやかに筋肉を使いながら酸素を取り入れることによって脂肪が燃焼されます。運動をはじめてから20分後からが1番その効果が有効に現れる時だそうで、私の40分はそのためです。私にとっては40分が無理なく続けられる時間なことを認識したので40分ですが、この時間には個人差があると思いますので各々のベスト時間を探してくれたら良いと思います☆

 

特別ダイエット目的ではなくても代謝の下がったアラサーな今(笑)運動してエネルギー消費、筋力を使って筋トレ、有酸素運動で余分な脂肪を燃焼。。過酷なダイエットなんかよりもずっとずっとカラダが喜んでくれると思いませんか?^_^?